津軽三味線奏者 工藤武のオフィシャルサイト

工藤武 プロフィール

津軽三絃道 工藤武 プロフィール
910メイン画像.jpg

1966年 津軽民謡大家 母、工藤君江より三味線の手解きを受ける。
1971年 津軽三味線名人、故藤田淳一に師事。
1972年 初舞台と共にプロとして活動が始まる。
1974年 師、津軽三味線名人 五錦竜二に師事。
1977年 民謡歌手 金沢明子の専属伴奏として活躍。
1979年 週間明星ドキュメント記載「ドラムを叩くはずの手が今は津軽三味線を」。
1980年 NHK紅白歌合戦 金沢明子と共に出演。日東あられTVコマーシャル出演。
1981年 海外公演 ロサンゼルス、サンフランシスコ、金沢明子と共に出演。
1982年 東京 浅草国際劇場、工藤君江、武 母子民謡ショーを開催。
1982年 明治座 杉良太郎公演、工藤武社中出演
1982年 工藤武 後援会発会式 京王プラザにて開催。
1983年 日中友好 北京公演 日本代表として活動。
1985年 浪曲師 木村友衛の専属伴奏として活動。
1988年 杉良太郎ブラジルチャリティーコンサート、海外公演出演。
1989年 NHK紅白歌合戦 伊藤多喜雄BANDとして出場。
1989年 民謡HOUSE MIX 金沢明子と共に活動。
1993年 WOWOW放送局 夏祭りテーマソング「WOWOW音頭」作詞、作曲。
1993年 茨城民謡「稲佐風盆唄、大洋さわぎ」作曲。
1994年 京都公式催事、平安建都1200年祭 TAKIO BANDとして出演。
1994年 ワールドミュージック「SHAH」 Vo,KAZUMI 和太鼓 林田博幸と共に結成。
1997年 キングレコードより、SHAH 1stアルバム「春よ」 作曲、アレンジ、プロデュース。
1997年 日越友好、ベトナム公演日本代表として出演。
1997年 両国 江戸東京博物館にて、第二回「芸に 遊ぶ 絃の詩」工藤武コンサート開催。
1998年 新春かくし芸大会、松くずし、アレンジ、出演。
2000年 弟子 民謡歌手ビクターレコード 三宅良二 東京・大阪公演、プロデュース、出演。
2001年 SHAHセカンドアルバム「ZIPANGU」作曲、アレンジ、プロデュース。
2001年 C型肝炎チャリティーコンサート出場
2001年 香川県 芸術祭フェスティバル2001出演。
2001年 「遊絃響書」書道家 市川彩夏と共に開催。
2004年 津軽の華(津軽三味線浮れ節)CD、カセットテープ、5枚組発売。
2007年 第一回 全日本津軽三味線競技会名古屋大会 審査委員。
2008年 香川県高松市市民文化祭アーツフェスタたかまつ2008、和魂洋奏SHAH公演、プロデュース、出演。
2010年 豊島区あうるすすぽっと、和魂洋奏SHAH公演、プロデュース、出演。

2012年 10月に浅草公会堂にて芸能活動40周年記念公演予定。

現在 レコーディング、TV、ラジオ、コンサート、作詞、作曲、アレンジ、プロデュース。
色々なアーティストと共にジャンルを問わず活躍中。

武乃曾(たけしのかい)
(仮)〒240-0022
横浜市保土ヶ谷区西久保町197-1
㈲仁木三味線 内