津軽三味線奏者 工藤武のオフィシャルサイト

プロフィール

津軽三絃道 工藤 武(くどう たけし) プロフィール
910メイン画像.jpg


4歳の時に津軽民謡の大家でもある、母、工藤君江より三味線の手解きを受け、
津軽三味線の名人、故 藤田淳一、五錦竜二に師事。 10歳の時に初舞台と共にプロとして活動が始まる。 1994年にワールドミュージック『SHAH』をKAZUMI(vo)林田博幸(和太鼓)と共に結成。
1997年キングレコードより、 S H A H 1st.albym、『 春よ 』 2001年 2nd.albym、『ZIPANGU』作曲.arrange.produce
NHK紅白歌合戦は、金沢明子、伊藤多喜雄、細川たかしと共に出演。 演歌(杉 良太郎、鳥羽一郎、藤 あや子、他)、 レコーディング、TV、邦楽指導、邦楽監修、伴奏で参加。
1977年 民謡歌手 金沢明子の専属伴奏として活躍。
1979年 週刊明星ドキュメント記載、【ドラムを叩くはずの手が 今は津軽三味線を】
1980年 NHK紅白歌合戦、金沢 明子と共に出演。
1981年 海外公演、ロサンゼルス、サンフランシスコ、金沢明子と共に出演。 TVコマーシャル日東あられ出演。
1982年 東京浅草国際劇場、工藤君江. 武 母子民謡ショーを開催。 明治座 杉 良太郎公演、工藤 武社中出演。
祭りinハワイ海外公演参加。日中友好、北京公演 日本代表として出演。
1983年 浪曲師(浪花節だよ人生は) 木村 友衛の専属伴奏として活躍。
1988年 杉 良太郎ブラジルチャリティーコンサート、海外公演出演
1989年 NHK紅白歌合戦、伊藤多喜雄BANDとして出場。 茨城県大洋村『たっしゃか踊り』監修、出演。
1993年 WOWOW放送局、夏祭りテーマソング『WOWOW音頭』作詞、作曲。
1994年 京都公式催事、平安建都1200年祭 TAKIO BANDとして出演。
ワールドミュージック『S H A H 』Vo.KAZUMI 和太鼓.林田博幸と共に結成。
1997年 日越友好、ベトナム公演日本代表として出演。
1998年 新春かくし芸大会、松くずし、arrange、出演。
2001年 C型肝炎チャリティーコンサート出場。
2004年 津軽の華(津軽三味線浮れ節)CD、カセットテープ、5枚組発売。
2007年 第一回 全日本津軽三味線競技会名古屋大会 審査委員。
2008年 香川県高松市市民文化祭アーツフェスタたかまつ2008.和魂洋奏SHAH公演.produce.出演。
2012年 工藤武芸道四十周年記念公演『芸に遊ぶ 絃の詩』コンサート浅草公会堂 にて、開催。
2013年 NPO法人青森民謡協会副理事長就任。
2014年 日立システムズPRESENTS<希望の響き>
和魂 津軽三味線 東日本大震災復興祈年チャリティーコンサート 仙台にて produce、開催。
2016年 第十四回全国津軽三味線大阪大会  第一回津軽三味線みちのく全国大会 produce、審査委員。
2019年 東日本大震災復興祈年津軽三味線コンサート和絆produce.出演。津軽が会津にやって来た!produce、開催。 2021年 NPO法人青森民謡協会 第八代理事長就任。   全日本津軽三味線競技会名古屋大会 全国津軽三味線大阪大会  津軽三味線みちのく全国大会   全国じょんから三味線競技会石川大会 津軽三味線全国大会 from Home 津軽三味線日本一全国大会 審査委員。   現在、レコーディング、TV、邦楽指導、邦楽監修、CM、作詞、作曲、arrange、 produce、   色々なartistと共にジャンルを問わず活躍中。